<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
建具の切り込み
a0125470_18134889.jpg
片道1時間程で行ける現場は、ちょっと気になる事があってもすぐに行動できる範囲で助かります。この現場は八町のアトリエから伊勢自動車道を通って20分の嬉野町にあります。昨日は2回通いました。朝からコリドールの土間の目地棒割付を確認、そして3時頃は建具の切り込みの様子を見て建具に塗るペンキの色をAさんに再確認して頂きました。完成前の現場は日々変化するため通う回数もおのずと増えます。10月中旬完成引き渡しに決定しました。(ケーキハウスの中より外のコリドールを見る)
by murayamakunio | 2011-09-26 01:25 | ケ-キハウス+バイクハウス
コリドールはスロープ。
          バイクハウス入口より道路方向を見たところ。
          道とは高低差がありスロープでつながっています。
          右の壁ぞい奥には中庭がありケーキハウスのテラスになっています。
          コリドール(回廊)の床は豆砂利洗い出しで仕上げます。昨日下地のコンクリートを打ちました。
          
a0125470_1955132.jpg

          スロープを上った左側がケーキハウスの入口です。
          正面奥がバイクハウスの入口でこのスロープをバイクが走ります。
          コリドールはガラス屋根を設けたので明るくその光は
          ケーキハウス(お菓子作りの教室)にも差し込むようになっています。
a0125470_19551628.jpg

by murayamakunio | 2011-09-23 14:39 | ケ-キハウス+バイクハウス
続・白く塗れ!
          『続・半田の家』と同じく
          この家も室内は白く塗ることにしました。
          
a0125470_1903250.jpg

          ケーキ教室の床は深夜電力蓄熱式床暖房仕様。
          厚さ20cmのコンクリートの土間を深夜にあたため
          蓄えた熱を朝から夜まで室内に放熱して部屋を暖かくします。
          下はリビングからキッチンを見た様子。
          
a0125470_1905061.jpg

      。
          
by murayamakunio | 2011-09-21 07:52 | ケ-キハウス+バイクハウス
吹抜に階段
          僕たちが設計する住宅は個性豊かな建築主と共に考えたオンリーワンの住まいです。     
          良く考えられた住まいは心まで豊かにしてくれる・・・・と思っています。
          (メーカー住宅にはない本当に使いやすい間取りと、少しのこだわり。これ本当のお話!!)
          だから階段もこの家のために新たにデザインされたオンリーワンの階段が必要とされます。
a0125470_1916433.jpg
a0125470_19262011.jpg

by murayamakunio | 2011-09-17 09:40 | 素材採取
詳細な設計に。
       屋根の形は一般的にいって、単純なものほど雨もりしにくいです。
       この家は切妻屋根を架けることにしましたが、2世帯住宅なので屋根の面積も広くボリュウム
       の調整や工夫が必要です。屋根は家のイメージを左右し、住まいのシンボルにもなる
       ところですが、家の中の住み心地にも大きな役割をもっています。
       模型も見ながら屋根の架け方を検討し、いよいよ来週から詳細設計です。
             
a0125470_19271326.jpg

by murayamakunio | 2011-09-16 17:51 | 鈴鹿のコートハウス(二世帯)
野地板Sパネル
          9/10 鈴鹿市T邸の建方でした。
          平屋建てで午前中に小屋梁まで上がると思ったのでガラス屋根や通気屋根の
          納まりなど監督に少し伝えなければならない事もあり朝から現場へ向かいました。
          小屋梁の上には化粧野地(Sパネル600×4000×厚30の杉)を張り付け
          屋根面の剛性を上げました。このパネルを選別して張る順番と場所を指示しながら
          この日は結局(現場監督状態?)昼過ぎから夕方まで屋根の上に居りました。
          11月の完成に向けて皆さん宜しくお願いします。         
a0125470_18562721.jpg

by murayamakunio | 2011-09-14 08:29 | スローハウス
4.5+3=広間
           畳の間があるお宅が本当に少なくなりました。
           この住まいには4.5帖の小間と3帖の水屋付き広縁があります。
           間仕切りの3本の襖を壁の中に引き込めば7.5帖の広間になります。
           タタミの部屋は多目的に使えて何かと便利です。     
           タタミについてあの清家清 先生は 『タタミの上で寝ころんだりもするから畳は
           寝具でもある』と言っておられました。
a0125470_18221242.jpg

           茶室のタタミは京間畳 縁(へり)は新高宮の麻縁です。
           
by murayamakunio | 2011-09-08 08:29 | 大屋根の家
完成検査
           昨日は台風の中、完成検査をしました。クライアントのK様ご苦労さまでした。
           皆が集まっているのは問題があった訳ではなく、ただ話し込んでいるだけでご心配なく。
           この吹抜に面した居心地の良い場所がこの家の主人の『男の書斎』 
           約3メートルのデスクを吹抜に面して作りました。
           本箱は背面の厚ベニヤの壁にkさんが棚を組みます。
a0125470_15225818.jpg

           又今日はアーキ設計にいま住宅の設計を依頼されている数組の方たちに見学をして頂きました。
           kさん監督さん、ご協力ありがとうございました。              
                         
by murayamakunio | 2011-09-04 23:54 | 大屋根の家