<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
設計再開
       延び延びになっていた別荘の基本設計が再開します。ただ、時間が経ち過ぎたので、
       今まで考えたプランのままで良いものかと、あれこれ迷ってしまいます。  
       次回のプレゼン15回目に向け、新しいプランを構想中です。      
a0125470_1611292.jpg

by murayamakunio | 2012-03-30 08:58 | 浜島のゲストハウス
明日から分譲フェアです。
     スロータウン道伯の現地分譲フェアを、3/24(土)~3/25()の両日開催します。
     24日は村山・中西・奥野と、25日は久安・村林・豊田の当番建築家と、ご相談が出来ます。
     現地案内所で皆さまをお待ちしております。ぜひ、おこしください。詳細はこちら
a0125470_11323499.jpg

by murayamakunio | 2012-03-23 15:01 | お知らせ.イベント情報
擁壁工事
a0125470_1534973.jpg今は、本体工事の前に歩道沿いの擁壁を作っています。
マンションの部屋は、この歩道のゆったりとしたカーブに沿って、少しずつ蛇行させた配置にしました。
1階と2階は6部屋ずつ、3階と4階は4部屋ずつ、計20戸の規模です。
三重県立美術館の緑地帯を庭に見立て、部屋から景色も楽しむことが出来るようにワイド・ハイサッシを取り付ける等、
開放的で快適な室内環境になるよう随所に工夫を凝らしてあります。
by murayamakunio | 2012-03-22 09:51 | ガーデンハウス大谷町Ⅰ
124カ所
   a0125470_1525776.jpg  
地盤改良工事に入りました。
柱狀型改良で深さ2mのものを124本、作っていきます。
by murayamakunio | 2012-03-19 15:03 | 鈴鹿のコートハウス(二世帯)
玄関は通り土間②
        その古民家とつなげて僕が20年前に建てた住まいも、玄関は通り土間になっています。
        内開きの玄関扉を開けると、幅1間奥行2間半の縦長の明るい土間玄関が現れます。
        玄関の扉はお客様を迎え入れる気持ちで、内開きになっています。
        奥には中庭もあり明るく、風も通る気持ちのいい場所です。
a0125470_16135495.jpg

        中庭を通り、向かいの別棟にあるピアノ室の小さな玄関につながっています。
        通り土間は室内と外を土足でつないだ、中間領域的な曖昧で魅力的な空間です。
        玄関を、単に出入り口と考えずに少し広めにするなどして、違う用途も加えて
        楽しい玄関も作りたいと考えています。            
by murayamakunio | 2012-03-17 22:50 | 私たちの住まい
古民家の玄関①
        今住んでいる敷地の中には古民家(江戸末期)があります。
        古い建物で維持管理が大変ですが、他の利用も考え、残していきたいと思っています。
        戦前に大改修がなされていますが、耐震等も考えると改修がまた必要なようです。
        
a0125470_1135151.jpg

        この古民家は母屋で玄関は幅一間奥行二間あり奥には13坪程の高い天井の
        お「クド」さんのある土間台所につながっています。
        玄関は来客がある時だけ開け、普段は裏口から出入りしていました。
        玄関は、家を訪れた人が最初に入る空間です。その第一印象は、家の個性と共に
       、そこに住む人たちの人柄まで現わすといわれています。 
        僕は今もこの玄関の凛とした空気感が好きで、気に入っています。  つづく              
by murayamakunio | 2012-03-12 23:17 | 古民家に住む
工房を訪ねて。
      先日、ふらりと伊賀に出かけました。
      丸柱のやまほんで合流した僕たち男三人は陶芸家の柴本耕志さんの工房を訪ねました。
      この伊賀土鍋は彼の作品です。冬号に掲載されています、是非お買い求め下さい・・とのことでした。
a0125470_1136147.jpg

       日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto に(伊賀土鍋の工房を訪ねて)の特集もご
       覧下さい。   こちら
by murayamakunio | 2012-03-10 16:04 | お知らせ.イベント情報
いよいよ
        昨日は『鈴鹿のコートハウス』の地鎮祭でした。
        工期は約八ヶ月で11月に植樹をして完成の予定です。
a0125470_11314945.jpg


        この住宅は少し規模が大きい二世帯住宅です。
        家の中心には家族が集う中庭を設けました。他に坪庭、光庭、バスコ―トなど
        大小合わせて六つの庭を散りばめ快適な住環境を作っています。
a0125470_1132949.jpg


        工事は角田建築㈱が施工を担当します。監督は泉幸甫さん設計の桑名の住宅を
        担当した経験もある田中君です。
        僕達とは始めてですが、 互いによくコミュニケーションをとり、完成まで宜しく
        お願いします。        
by murayamakunio | 2012-03-05 23:00 | 鈴鹿のコートハウス(二世帯)