<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
壁筋が綺麗です。
a0125470_1893179.jpg

ガーデンハウス大谷町Ⅱの配筋検査に行きました。
3棟ある内の南棟の2階の壁配筋を見ました。
この構造は壁式鉄筋コンクリートですから部屋の中に、柱や梁の出っ張りもなく
スッキリ広々と感じられ、マンションや一般的住宅などの住居系の建築に適しています。
壁の鉄筋が籠のように綺麗に組まれています、これは鉄筋工の職人技ですね。
a0125470_1892188.jpg

by murayamakunio | 2014-08-31 07:16 | ガーデンハウス大谷町Ⅱ
Shiroiro
a0125470_16592631.jpg

       (続・半田の家)の壁と天井は、針葉樹合板と杉の板をシロイロで塗装して
仕上げています。
       前に設計した(久居の家)も同様の仕様仕上げだったので完成時の雰囲気は
確認済みです。
       コンクリートブロック、コンクリート打ちっ放し、れんが、木材、
などを白く塗装することで素材感が薄れ、形態と質感の陰影が,
ふんわりとした空気感ただよう空間にしてくれます。クロス張りり仕上げは
       嫌いだ!と言うクライアントの理解があって出来たインテリアです。
by murayamakunio | 2014-08-25 16:37 | 素材採取
古材を利用する。
a0125470_16583932.jpg

      この(K邸)は古い家を解体するときに外した柱と梁を一部使用しています。

      改築の場合は設計の初期の段階から、今住んでいる家の何かを再利用したいと
      希望されることがあります。
      簡単に外せる、建具、らんま, とこ柱、敷石、瓦、ガラスなどから、
      このお宅のようにツシ梁6本を2階床梁に再利用する規模のものまで様々です。
       (梁は太鼓ずりに加工したので綺麗ですが百数十年程経っています)
      黒い柱も前の家の大黒柱(ケヤキ)です。

      先代達が住んだ家の一部を何処かに使い、思い出を継承していくのも大切なことですね。
by murayamakunio | 2014-08-21 14:45 | リフォ-ム/古民家再生
断面スケッチ
        昨日は昼から『海沿いの家』の11回目の打ち合わせをしました。
        Hさま、毎週長時間の打ち合わせ大変ご苦労様です。
        普段聞きなれない建築の専門用語は、できる限りご説明しますので遠慮なくお話し下さい。
        お渡ししたスケッチは、仕事場の壁にでも貼って下さ~い。
 
a0125470_1547569.jpg

by murayamakunio | 2014-08-08 17:36 | 海沿いの家
アールト風の曲げ。
       昨日は昼からガーデンハウス大谷町Ⅱ(賃貸マンション47戸)の中間検査を受けました。
       3棟あるので工程の都合で3回検査を受けることになりました。
       近々、南の棟(B棟)の1階のコンクリートを打設します。      
a0125470_16105047.jpg

       すでに完成しているガーデンウス大谷町Ⅰも、時々その後の様子を見に行きます。
a0125470_16295327.jpg
  
       これは4階までつながる階段ですが、最少スペースで上り下りする為、
       階段の手すりもひと工夫がいります。
       手摺は斜め、水平、垂直、水平、垂直、水平、斜めと、途切れることなく
       手がすれれば避難の時も安心安全です。      
       結果、アルヴァ・アールトのハンドルのような形になっています。
a0125470_1817515.jpg

by murayamakunio | 2014-08-06 09:36 | ガーデンハウス大谷町Ⅱ
今日のアトリエ
       アトリエの階段は樹々が繁り、見た目も涼しく訪問者を気持ちよく迎えてくれます。
       その中に形が綺麗な実を付けるナツメがあります。色付けば収穫です。
       茶器の棗(なつめ)はこの実に形が似ていることから、その名が付いたとされています。
a0125470_1632415.jpg

a0125470_1632158.jpg

by murayamakunio | 2014-08-05 10:24 | 八町のアトリエ